浮かれないよう注意

更新日:2018.02.19.

浮かれないよう注意素敵な人と出会い、幸運なことに交際へと至れば、つい浮かれてしまう人もいるでしょう。
人との出会いの機会があったとしても、必ずしも恋人関係になれるとは限らないものです。
縁あって恋人として交際できた相手を大切にしたい、嫌われたくないという不安や焦りから、無意識に相手の機嫌を取ろうとしたり、浮気されないかとネガティブに考えたりしてしまうことも少なくないでしょう。

しかし、二人の初めてのデートの時は、そんな暗い気持ちはぐっと抑えて、まずは相手のことを知り、理解しようと努めるべきです。
まだお互いへの信頼や理解が深まっていない状態で一方的に好意を押し付けてしまえば、相手はそれを重く感じてしまうかもしれません。
初めてのデートでまずやるべきことは、二人の性格や嗜好、その他の情報を交換し合うことです。
その情報をもとに、これから二人がどのように交際を進めていくべきなのかを考えましょう。
相手を理解し、自分を理解してもらう、それを繰り返すことで恋人という特別な関係は深まっていくものです。
相手に嫌われたくないのであれば、自分の気持ちやプレゼントを押し付けるのではなく、自分の情報をできるだけ多く提供して、恋人に自分の魅力をひとつでも多く見つけてもらう方が効果的でしょう。

好きな相手を前にして浮かれている自分を自覚しているのであれば、初めてのデートの時は少しでも落ち着くよう努力して、恋人の話にしっかり耳を傾けることに加え、自分からも積極的に話題や情報を提供していきましょう。
そこで浮かれて自分のことばかり話したり、恋人の機嫌を取ることばかりに気を遣ったりしていると、逆に「この人は自分に関心がないのではないか」と恋人を疑心暗鬼にしてしまいかねません。
二人の初めてのデートこそが、今後続く長い交際関係のスタートです。
まずはその場で自分について知ってもらうこと、相手を理解し、受け入れようという広い心で臨むことをオススメします。