自分らしさを忘れずに

更新日:2018.02.07.

自分らしさを忘れずに男女が合コンなどで出会い、交際へと至った場合、まず重要な山場は初めてのデートと言っても過言ではありません。
合コンなどの場での出会いを経て交際へ進んだ段階では、相手がどんな人なのか、交際相手としてふさわしいのかという判断材料や情報が不足している状態です。
そこで初デートで二人の相互理解を深め、相手がどのような存在なのかをしっかり確認し合うことが必要なのです。

合コンなどの出会いの場では、人はどうしても「よく見られよう」と見栄を張ってしまうものです。
デートという親密な場で、相手の性格や嗜好などの情報をしっかりと収集して、「今後もこの人と交際を続けていくことができそうかどうか」を見極めなくてはいけません。
「合コンで初めて会った時と、デートでの印象が違う」と感じる人もいるかもしれませんが、その印象の差が許容範囲かどうかをチェックするのも重要です。
そして、初デートの場では相手も自分と同じようにこちらの人となりを確認していると考えておくべきでしょう。

「相手に嫌われたくない、気に入られたい」という気持ちから、好きな相手の前では自分らしくない格好や態度をとってしまう人もいますが、初デートこそ自分らしい格好や態度で臨まなくてはいけません。
特にうぶな女性の場合、ネットや情報誌などの「お決まりの男性像」に振り回され、普段は着ないような露出度高めな服装などを選んでしまうこともあるでしょう。
しかし、二人の関係がまだ安定していない時期にそんな格好をしては、逆に相手に嫌悪感を抱かせてしまいかねないので注意しましょう。
大切なのは「自分らしく」、それを心がけてください。

これから長く良好な交際を続けたいのであれば、お互いに気取ったり、取り繕ったりしないことがポイントです。
自分らしくないことを続けていては、いずれ疲れてしまい、恋人をがっかりさせてしまうでしょう。
まずはありのままの自分を知ってもらう、初めてのデートではそれを心がけて臨みましょう。