出会った後に

更新日:2016.02.05.

出会った後に出会った後に、その出会った人の余韻が残る時があります。
それは、もちろんその出会った人になんらかの恋愛感情を持った場合には、そのように思うでしょう。

余韻を残す人に出会った後には、その次の時間に向かう、新しい自分を見ることになるでしょう。
その余韻の残った思いから、どのようにしていいのかわからないといった思いと、また出会いたいといった思いとが、複雑に交じり合っているのかもしれません。

人間は出会った後には、なんらかの感情をもつものです。
その出会った人に対して、また会いたいと思うのか、二度と会いたくないと思うのか、それともなんとも思わない、しかもなんの余韻もなく、自分の記憶にさえとどめていない場合もあるでしょう。
出会った後に、心地よい余韻を残す場合ばかりではありません。
しかし、よくない余韻を残した場合には、その思いをいつまでも残していることは、決してよいことではありません。

そこで、そんな時にはそのよくない余韻を自分の教訓にする、あんな人もいるのかとサラリと流すといったように、一種のマインドコントロールみたいなものが必要かもしれません。
人間はいつもいい状態でいられるわけではありません。
怒らない人、いつも穏やかな人がいます。
しかし、その人達もきっと怒りの感情がないわけではないので、どこか自分自身をマインドコントロールできているのでしょう。
感情のままに生きることは素敵なことです。
しかし、時として、こういったマインドコントロールは必要なことなのです。