自転車は季節を感じさせる

更新日:2016.01.26.

自転車は季節を感じさせる自転車に乗ると、 季節の移ろいが感じられます。
日本には外国とは異なり、四季がありますが、それぞれの季節は我々人間に素晴らしく様々なものを与えてくれます。

自転車に乗っていると、そんな季節のさまざまな素晴らしい出会いがあるのです。
例えば、冬から春にかわる頃に自転車に乗っていると、春の風や春の香りを感じることができます。
さらに、いつも自転車で走っていた道にある桜の木々のつぼみがふくらみ出したことに気がついたと思ったら、それから間もなく桜の花が咲き出すのは早いですね。
そんな日常の風景を春に変えてくれます。
さらには、桜の花が散り出すと花びらのトンネルの中を自転車で走ることは自転車ならでは楽しめることです。

また、夏は暑い真夏の太陽の下を走ることは、大変な場合もありますが朝の光のまぶしさが新鮮であることを感じさせてくれたりなかなか真っ暗にならない夏の夜を自転車で走ると昼間の暑さを忘れさせてくれるような心地よい風を感じさせてくれます。

そして、秋には秋の景色や風を楽しませてくれ、人混みを避けた紅葉スポットにも自転車ではいくこともできるのです。
冬に自転車に乗ることは、少し寒さが大変な場合もあります。
しかし、最近の防寒グッズや自転車グッズには高機能なものがあるので、準備さえしておけば自転車は冬という寒い季節も楽しませてくれます。
冬に景色は、冷たい空気によってさらに美しく見せてくれます。
特に夏とは反対に早く暗くなる夕方から夜にかけてみられる、太陽が沈み星がみえだす頃のほんの一時の景色はなんともいえない美しさがあります。
このように、自転車は、さまざま季節の美しさと出合わせてくれるのです。