自転車という乗り物

更新日:2016.01.18.

自転車という乗り物最近では移動手段として、自転車を使う人が増えてきてきます。
自転車は、自動車と比べると手軽であることが、なんといってもメリットだと言えるでしょう。
さらに、自動車のように特別な免許がなくても、誰でも移動手段として使うことができるのです。

しかし、自転車にはデメリットもあります。
雨や風が強いといった天候が悪い日や、夏の大変暑い日や冬のとても寒い日には大変な思いをすることがあります。
また、夜に自転車に乗るときには周りが暗いためにこちらが気がつかない場合がありさらには自動車や歩行者が自転車に気がつかない場合もあるので、昼間以上に注意が必要です。

しかし自転車は、さまざまな出会いを作ってくれる乗り物でもあります。
自転車で出かける場合に、少し遠くに行ってみることや仕事の移動手段として自転車を使う場合には乗る距離が長いのでそれなりの準備をしておく必要があります。
冬は防寒を万全にしておくこと、夏であれば熱中症の可能性も考えられるので水分補給のための水をもっておくことも大切です。

自転車を止める駐輪場も、現在では増えてきています。
毎日利用する駐輪場や、よく利用する駐輪場のスタッフの方と、顔なじみになっておくと安心して自転車を預けておけるようにもなります。
自転車を利用することによって、行くようになった場所、利用するようになった施設でもさまざまな人に出会い、さまざまなコミュニケーションをとるようになることでそこには、また新しい出会いを作ってくれる可能性もあるのです。