犬の散歩-出会い

更新日:2016.01.06.

犬の散歩-出会い公園にやってくる目的にひとつに、飼い犬などのペットの散歩があります。
ある程度大きな公園であれば、同じように飼い犬の散歩の時間帯には、ペット仲間が集まり、飼い犬を含めた多くの出会いがあります。

犬は猫と違い種類によってサイズが異なります。
そのため、犬と散歩に出かけると、犬のサイズによっては歩く距離が長くかかり、飼い主にもよい運動になるものです。

そして、何より犬の散歩で楽しいことは、他の飼い主達との出会いがあり、さまざまなコミュニケーションが取れることです。
犬が好きだということで、会話がはずみ、情報交換も盛んになります。
そして、動物が好きだという人には、悪い人がいないといわれることもあるのか、他の飼い主に対する変な警戒心を持たずに接することができるようです。
しかし、犬によって正確や習性が異なるように、飼っている犬の種類によって、飼い主のタイプは違うようです。
ペットとしてかわれる犬は、大きく分けて2つに分類されます。
それは、大型犬か小型犬かといった分類です。

小型犬は、身体が小さい分細かく動き回り、鳴く声もトーンが高く必要以上に吠えることもあります。
しかし、大型犬は身体が大きく、その動きはゆっくり、というよりゆったりとして、ほえる声のトーンは比較的低めで小型犬に比べて鳴くことは少ないのです。
さらに、現在のペット産業の流行となっているようですが、小型犬には洋服を着せることが好きな飼い主もたくさんいます。
それに対して、大型犬の洋服はないわけではありませんが、ゴールデンレトリバーやラヴラドールに洋服を着せて一緒に歩いている人は、比較的すくないものです。