季節感のある和菓子

更新日:2015.12.24.

季節感のある和菓子和菓子には、洋菓子にはない季節感があります。
もちろん洋菓子にも、季節のあるものはあります。
しかし、材料だけではなくその姿形で季節を感じられるのは、日本の和菓子の特徴なのではないでしょうか。

和菓子はいくつかの種類にわけられます。
そのほとんどは、材料の違いによってわけられています。
それは基本的に和菓子の材料として使われているものが異なっています。
小豆やとうろく豆などの豆をつかった餡で作った練り切りや羊羹、そして、もち米を使った餅、さらに米粉をつかった団子、同じく米粉をつかっている最中、小麦粉などの粉をつかった饅頭といったようなものがあります。

このいくつかの種類がある日本の和菓子の中で、季節感がもっともあるのが、茶会などに使われる練り切りです。
季節の花や、花びら、葉、実といったものが形取られているのです。
和菓子も、またいくつもの出会いを作ってくれます。
時には、予想もしない和菓子を贈って出会いのきっかけをつくることも、思わぬ出会いを作ってくれるかもしれません。

例えば、デパートの食品売り場の和菓子のコーナーのショーウインドウは、季節感のある和菓子やディスプレイで、その前を通る人の目をたのしませてくれます。
そして、春は菜の花や桜をイメージさせる和菓子は、あの人におくったら喜ばれるかな?といった思いにさえ、させてくれることもあります。

そういった和菓子を食べることや贈ることは、日常的なことではありません。
とくに若い人には、めったにあることではないでしょう。
しかし、そうだからこそ、あのきれいな日本人の感性に訴える和菓子が、思いもしない出会いのチャンスを作ってくれるかもしれないのです。