女性が被害者の「相談者募集」

更新日:2015.12.17.

女性が被害者の「相談者募集」出会い系サイトで男性が被害者になるケースに逆援助交際がありますが、女性が被害者になるものに「相談者募集」というケースがあります。
女性が被害者になる「相談者募集」とは、資産家の人が若い女性に、相談や悩み、愚痴を聞いて貰い高額の謝礼を受け取るものです。
これは「高齢で多額の財産や収入のある人が若い女性に、相談や悩み、愚痴を聞いて頂きたいと言っています。もし話を聞いて頂ければ高額の謝礼を差し上げます。」というものです。

これに応募してきた女性は、スポンサーの方との連絡に運営するサイト内のメールのみを使用する事になり、この高額なメール利用料金を搾取される事になってしまうのです。
報告された一例として、高齢のスポンサーと応募してきた女性は実際に会ったそうですが謝礼は三回会った後に支払う約束をしていたそうです。
結果的に、スポンサー側から女性に対して不満があるから謝礼は払わないと告げられますが、その間にスポンサーからは頻繁にメール連絡があり受信と送信ともに一回に付き数百円が課金されてしまいます。
一日にメール料金だけでも5000円を超える事も珍しくなく、最終的に退会するまでに20万円を超す金額を支払う事になってしまったのです。

この事例は、男性の逆援助交際のケースに酷似しています。
会って話を聞くだけで高額の謝礼を貰える、そんな話に簡単に乗る被害者側にも非があると言えるでしょう。
この女性を対象にした「相談者に謝礼」を装うケースはスポンサーが高齢者だけでなく、若くして成功を収めたIT社長やフードビジネス社長をスポンサーにして、若い女性の相談者を募集するサイトもあります。
この場合は、募集してきた女性は一度セレブの若いIT社長(?)と会う事になりますが、サイトの規約でお互いの直接の連絡には多額の違約金が発生する事を事前に通達しておきます。
男性スポンサーはもちろんサクラなんですが、洒落たカフェで待ち合わせて高級車で登場すると言う、手の込んだものだそうです。
男性は長身でイケ面なんですが、仕事が忙しくて女性と知り合う機会がなく、多額の謝礼を払っても若い女性に愚痴や相談事を聞いて欲しいと言う設定です。
この若いスポンサーと女性は会った後もサイトを通じてメールをやり取りしますが、このメール利用料金は女性の負担になり前述のサイト同様に高額の利用料金が発生してしまうのです。
ただ、スポンサーからの謝礼は何回かの面会の後と言う条件なので女性側も必死になってメールを送る訳です。

いざ、スポンサーが謝礼を払う段階になると、サイト側から「今後、これまで同様にスポンサー様とメール連絡をされる場合はプレミアム会員に登録して頂く必要があります。
登録料は×〇万円になります。」との連絡が届くのです。
女性にすると、ここで退会すると今までのメール料金が無駄になってしまうので慌てて高額の登録料を支払ってしまいます。
この場合のプレミアム会員の登録料は5万円程度と言われています。
そして、ある程度の金額をサイト側が受け取るとスポンサー側の都合で謝礼は中止と女性に告げるのです。
明確に詐欺行為と立証するのは難しく、女性の泣き寝入りになるケースが多いと言われています。
そんな美味い話は世の中にはないのです。