出会いをメールで育てる

更新日:2015.11.12.

出会いをメールで育てる異性と何かしらの機会で出会った際には、それを大切にしていく必要があります。

かつては、男女の仲を深めるツールと言えば、手紙くらいしかありませんでした。
しかし、今では携帯電話という文明の利器があります。
これを積極的に使っていかない手はありません。
ここでは、メールを使って出会いを育てていく方法を紹介していきます。

ビジネスの世界でも、メールはいつでも送ることができるツールとして活躍しています。
しかし、電話などとは異なり、急いで返事を求めるような性質のものではありません。
もちろん日をまたいで返事をするのは避けるべきですが、半日程度返事がなくてもトラブルになってしまうことはありません。

しかし、男女の間でのメールのやり取りは基本的に異なっています。
会話をすることができる時間に送信して、できるだけ早く返信する。
これがコツとなるのです。
もちろん、あまりに早すぎても支障が出るかもしれません。
10分から30分程度余裕を持つことも大切です。
どれくらいの感覚でメールを交わすべきかという点については、相手の反応・返信のタイミングなども見つつ調整していくようにしましょう。
これが正解と言ったものはないのです。

メールを送る際には、相手が返信しやすいような文を心がけましょう。
「はい/いいえ」だけで答えられてしまうような話は振ってはいけません(クローズドクエスチョンと言います)。
どのようなものだったか、と具体的に語ることができるような質問にするといいでしょう。