今後の出会いのあり方

更新日:2015.09.09.

今後の出会いのあり方50歳までに一度も結婚をしたことがない、生涯未婚率の割合が男女ともに増えています。
この背景には結婚したくても結婚できない男性と、結婚したくても結婚しない女性の姿があります。

もしこのまま生涯未婚率の割合が男女ともに増えていくと、将来日本は生涯一度も結婚をしない男女で溢れるかもしれません。
一体なにが原因で結婚したくても結婚できない男性と、結婚したくても結婚しない女性が増えているのでしょうか。

一番の原因は日本社会の変化にあります。
これまでと違い、一生安定した収入が見込めなくなっています。
日本は世界の他の国々とは異なり、終身雇用制度と年功序列制度で生涯の収入を計算できました。
ところが今では誰も、会社が一生面倒を見てくれるなど思っていません。

会社だけではありません。
国の年金制度でさえ、将来どうなるか分からないと感じている方が多いでしょう。
残念ながら今後、日本の経済が上昇することは難しいでしょう。
横ばいか、さらに下降する可能性さえあります。

このままでは男女の出会いのあり方を考え直すしか、解決の道はありません。
もし結婚適齢期の女性が結婚相手との出会いの条件に、高い年収制限を設定していると、結婚したくても結婚しない女性が増える可能性があります。
仮に結婚したら最低これだけの収入は欲しいと相手に望み、結婚相手との出会いを探しても、今の世の中結婚相手の会社が、何時倒産しないという保証さえありません。
また今回の大震災のように、人生何があるか分かりません。
それとも理想の男性と出会い、その男性の会社が倒産し収入が減ったら離婚しますか?