いよいよtwitterで出会い探し!(その1)

更新日:2015.07.15.

いよいよtwitterで出会い探し!(その1)ここまできたら、いよいよ行動開始です。
先ほど説明を省きましたが、登録してプロフィールを記載する部分もあったかと思います。
ここは、当たり障りがないことを書いておくのがおすすめですね。

・・ただし、くれぐれも「出会い探し」「会って飲もう」「近所の人遊ぼう」「恋人募集中」なんてことを書かないように!
(冗談のつもりで書いたとしても、若年層が多いからこそ、普通に女の子にはひかれてしまいます。
下手をすると、フォローした時点で「キモ」なんて思われてしまう可能性も・・・)

忘れてはいけないのは、「twitterはもともと出会いツールではない」ということです。

だから、普通の出会い系サイトとは違って、出会い目的を丸出しにしていくと敬遠されるし、逃げられてしまいます。

・・はい、逃げられました。
(この失敗例も、自分への戒めを含めて後で書こうと思います。
興味があるかたは見てやってくださいorz)

──さてさて。
この時点で、
・プロフを作る
・フォローを何人かしておく
はできているかと思います。
そしたらつぎは、呟く。
Twitterの名前の通り「ツイートする」をしましょう。

内容は、普通のことでいいんです。
ブログと違って140文字しか入力できません。
だから、本当に一言、二言でいい。

例えば「雨降り。寒いなぁ」とか「手袋を忘れた。手が冷たい」とか。
(繰り返しますが、ここでも「かわいい女の子に温めてほしい」「素敵な人と出会いたい」なんてことを書いてはいけません)

余裕があれば、携帯でちょっとこじゃれた店だとか、その辺の写真を撮って、それと一緒にツイートするのもおすすめです。
「ランチです。これがうまい」とか、「夕焼け。きれいでした」とか。

なぜこれをするかと言えば、「相手に見られることを考えて」なんです。
出会い系でも、日記書けるところって多いですよね。
大抵、それを見て会話の糸口を探したり、相手を判断したりする。
それと同じなんです。