アタリが潜むこの一言

更新日:2015.07.03.

アタリが潜むこの一言当たりと外れの境目は
出会いがあってからも、聞きづらいこと(たとえば、年収はこれくらいないと嫌だ、とか笑われるかもしれないけどこれだけは外せないといったような)でも十分に対応してもらえる人がいいと思います(笑)。
質問していても隠しごとをしない人がお勧めです。
あなたにメールをしてくるときでも、「何でも聞いてよ!」という気づかいが見られると当たりかもしれません。
文末に「○○ちゃんはどう思う?」などという疑問形にして会話を続くようにすると、相手の気持ちを引き出しやすくなります。
電話などでは~相手は取り込み中かもしれないので「今電話大丈夫?」の気遣いを忘れずに出来る人。
女性によって電話の方が得意な人とメールが得意な人がいるのでそこをあらかじめ見極めること。
会話術は相手の話を聞く、という基本的な姿勢が大切。
こんなことが自然にできる人はアタリの可能性があります。
女性の個性を理解して、対応すること。
100人いれば100人みんな違う性格ですし、会話も異なるのです。
ここのところを上手くあしらってくれる人は器が広く当たりの予感を感じると思います。
たとえ”いい人”であっても”どうでもいい人”であっては意味がないです。
「自分」というものをきちんと持っていることです。

当たりを見つけたときにすべきこと
当たりを見つけたら、あなたの本気度をだしていきましょう。
のっけの出会いから、自分のことを全部さらけ出したりしないことです。
感じ良く、あくまでミステリアスに振舞います。
それからコミュニケーションの達人になるためには相手がなにをしたいのか、言いたいのかよく理解してください。
コミュニケーションはいきなり上手くやれと言われてもすぐにではできないもの。
お目当ての女性以外でも、男性、ご近所、女友達などを通じて練習しましょう。
思いやりを持った言葉をかけられると異性は弱いものです。
ところどころに相手を思いやるメールや電話をいれて、会った時の印象を良くしましょう。
プラス(前向き)の言葉をたくさん使うようにすると明るい印象を持ってもらえるようになります。