最良の異性とは?

更新日:2015.06.10.

最良の異性とは?理想は高い方が良い?
異性と付き合う、結婚をする、子どもが出来る、仕事で成功する。
人によって、人生のゴールは様々あります。
出会いを求める人の中であれば、最良の異性を見つけて付き合い、さらには結婚をゴールにする人もいるのではないでしょうか。
人は「誰でも3回のモテ期が来る。」といわれています。
その3回の中で最良の異性を見つけることが出来れば、タイミングとしても一番選択肢のある中での決定なので、ベストの選択ができたといえるでしょう。

では、最良の異性とはどういう人なのでしょうか。
例えば、「美人で、背が高くて、細くて、優しい女性が好き。」と言う男性は、そんな自分の好きなポイントに当てはまってる人がいれば最良の女性に近いといえるかもしれません。
しかしながら、そんな自分のタイプにぴったりと当てはまる人は中々当てはまりません。
だからといって、譲歩もしたくないとすれば、自分で努力をするしかないでしょう。
自分を磨きながら、自分のタイプの女性と出会うきっかけを探さなければなりません。

よく「理想が高いから相手が見つからない。」という人もいますが、やはり自分の好みは変えることが出来ないので、そのままでも良いのではないでしょうか。
あとは最良の異性との出会いを見つけるために、自分の中で向上心を持っていればよいのです。
最良の異性をモテ期の間で決めたいのであれば、まずは相手を引き付けるための自分の魅力を引き出すことも考えなければなりません。

重視するポイント
最良の異性と判断するためにはどのような部分を重点をおいて見るでしょうか。
もちろん、好みは人それぞれ違いますが、重視するポイントは誰でも持っていると思います。
例えば、「カッコ良くて、背が高くて、筋肉質で、優しくて、ユーモアがあって、収入もある。」そんな人がタイプの女性もいるでしょう。

ただし、すべての条件を満たした男性となると中々いないのも事実です。
しかしながら、「一番重要視しているポイントは?」と聞かれれば、どれか一つは答えるでしょう。
もちろん、他のポイントも捨てがたいと思うでしょう。
ただし、モテ期に最良の異性を見極めたいと思うのであれば、どこかポイントを絞らなければ、より選択肢は狭まってしまいます。
モテ期だから完璧な異性が現れるわけではないですし、モテ期にモテている数が人生で最高のモテ数字だとすれば、そこで選ぶ方が最良の異性を見つける可能性は高くなるといえます。

そういうことからもまずは相手の「内面」を重視するのか、「外見」を重視するのか、また他の部分を重視するのかを自分の中でしっかりと持っている必要があるかもしれません。