モテ男はこんな共通メールをする

更新日:2015.05.22.

モテ男はこんな共通メールをする短い
もてる男は、メールの使い方が違います。
出会いをゲットする男性は、匠にメールを使いこなすのです。
まず、もて男の共通メール方法を見ていきましょう。

その1:メールをするときは、”会話が続くこと”を意識していること。
文末に「?」を入れたり、相手の興味のあるような会話をする。
メールをするときは、”会話が続くこと”を意識することです。
もて男はこのようなメールを出していることが多いです。
文末に?を入れたり、相手の興味のあるような会話をすると、なんとなく自分にとって受け止めやすい内容になります。

その2:手短に、しかも「気があるのかないのかわからない」メールにする。
相手に気が歩かないかわからないようにして、相手に?を抱かせるようなものがコツ。
やさしいようでいて、どこか自分に気があるのかどうかわからないというようなものが、結果的には相手に「あなたのことばかりを気にさせる」ようにすることになります。

返事を出したくなる
メールの続きになりますが、ここで相手が返事を出したくなるメールのテクニックを紹介しましょう。
理想からして、メールはあなたが1回、相手が3回というようなペースが理想なのです。
例えば相手から「今週の土曜の予定はどう?買い物にいきたいんだけれど。
」というようなメールがきたとしましょう。
これに対して、気になるメールが出せますか?まず、「即返信」するようなことは少し待ってください。
「うれしいからすぐに返信」することは、避けて。
あなたは忙しくてメールの返事も時間が少し必要。
その待ち時間には相手が、あなたのことを考えるように仕向けます。
これが、出会いをモノにするもてる男のテクニックです。
最低でも1日、あけて返事をしてかまいません。
たとえ、あなたの予定があいている場合であっても・・・「今週、あいている?」と聞かれたら即答せず「ちょっと予定を見てみるよ。
」と手短に返事を交わしておきましょう。
相手が心待ちするようにするにはあなたの存在を控えめにメールは必要最低限の文章で「気があるのかないのか」という文面にするのが正解です。
相手は返事を早く出したくなります。