2回目のデートに誘う

更新日:2015.05.13.

2回目のデートに誘う2回目のデートを誘い文句
2回目のデートの誘い文句は、どのようなものがよいのでしょう。
一番はさりげないのがいいそうです。
一日デートでなく、食事や映画のようなものの方が誘いやすいかもしれません。
「今度映画を見に行こう。」
「今度はお酒でも飲みに行こうか」
などという、軽いものの方がいいでしょう。
「また誘ってもいいかな?」や
「今度また会えるかな」という普通のお誘いも大丈夫です。

とにかくさりげなく探らずにやるのが一番です。
もしあまり乗り気でなければ、みんなと飲みに行く方向に変えて見るのも手です。
感触がよくても悪くてもガッツリ誘うのはやめましょう。
焦って誘うと、その焦りは相手に見えるものです。
そして、あまり印象もよくありません。
女性のエスコートは、あくまでもさりげなさが一番。
そして返事があまりよくなくても、動揺した顔を見せないようにしましょう。
また次誘えるチャンスを探しておくくらいの、心のゆとりをもって誘いましょう。

本当は、ドキドキですけれどもね。
意中の相手と出会いを得られたのなら、焦りは禁物ですよ。

2回目のデートを誘うタイミング
最初のデートにこぎつけたら、やはり2回目のデートに行きたいものです。
しかしタイミングとしてはいつ頃誘ったらよいのでしょうか。
相手にもよりますが、メルアドなど連絡先を知っているのであれば、デート中でなく後から誘うという方法もあります。
テクニックと思いますが、デート中に誘わないと、相手がなんで誘ってくれなかったんだろう?
って思い期待をするという心理からだそうです。
デート中に言うのであれば、別れ際に誘う、食事の最後に誘うなどが一番いいようです。
雰囲気が盛り上がっている時の方がいい答えが返ってくる率が高いです。

ただ、食事中やまだまだデートが続いている時に言ったら、この人焦ってる、と思われますからね。
また次のデートに誘うのに一回目から間をあけない方がよさそうです。
好印象なら間もいけますが、どちらでもないという印象の時には、冷静になると断られる可能性があるからです。
勢いは1回目も2回目も大切なのです。