手作りの意味

更新日:2015.05.01.

手作りの意味手作りはうれしい?
手作りは嬉しいものとよく言われています。
たしかに、プロ級に上手なものやお店で売っているものと遜色ないレベルの場合は、「すごいなぁ!」と嬉しさ倍増ですよね。
良く手作りで話題になるのが、バレンタインのお菓子類やマフラーなどです。バレンタインのチョコレートの手造りは王道ですが、変な形や味になってしまうことも・・・。マフラーも柄や色が合わないなんていうことも、実は作ってから気付くものです。
片思いの彼にプレゼントを素敵な出会いのきっかけにしたいのなら、個性とセンスを出して作りましょう。手作りは、相手の人のことを考えて準備をして、プレゼントするものです。
確かに相手も嬉しいと思いますが、もらって「困らないもの」「喜んで使えるもの」をチョイスしたいものです。出会いを恋愛にかえる、それが手作りプレゼントにかかっています。

男性の手作りは・・・
男性も手作りがあるんですよ。たとえば最近の草食系男子は料理が得意で、お菓子作りも得意なのでホワイトデーのお返しに「オリジナルクッキー」を作ったり、ホワイトケーキをつくったり、中には「キャンディ」まで作ってしまうツワモノもいます。
それからお料理系だと手作りのパンを作る男性もいます。
それからお裁縫も得意な男性の場合は、セ―タ―やマフラーはもとより、チュニックをつくったり手袋を作ったりする男性もいるようです。
そんな器用さが出会いのきっかけになって・・いまは彼女の友達の女性にも教えているという男性もいました。
最近では見た目?は悪いけど男性が感謝の気持ちを込めて女性に「手作り弁当」を作っていこうとすることもあるとか。それから男性からの手作りプレゼントで意外と好評なのは手作りのアクセサリーです。
リングやペンダント、ブレスレットを調金からつくってしまってオリジナルのアクセサリーをプレゼントするのです。結婚指輪も手作りという新郎新婦もいておどろいたことがありました。
身につけていても世界で一つだと思うと嬉しくなりますね。