プレゼントの由来

更新日:2015.04.23.

プレゼントの由来プレゼントとは
プレゼントは、人に何か感謝やお祝いの気持ちをこめて贈りたいという心を、言葉以外でモノとして表すことです。辞書的にはイコール「贈り物」とよばれ、「何かあったとき」に送るご進物という意味を含んでいます。昔からあった風習がいまに受け継がれているということですね。
「何かあったとき」とは人生の節目や記念日にあたります。「出会い」の記念日、付き合いだした日もこれに当たります。他には「お正月」「結婚記念日」「誕生日」「クリスマス」「バレンタイン」「ホワイトデー」などがありますね。
また一般に知られていなくても2人だけの記念日や家族の記念日、お祝いなども含まれています。(七五三、還暦、喜寿、進級祝い、進学祝、入学祝など)プレゼントをする時には相手に喜ばれるものを選びたいですね。自分も相手のことを考えて選んでいる時にはとても楽しいキモチになります。
しかし本当に喜ばれるプレゼントって・・・何でしょうか?ここでは相手のことを考えて、また自分もハッピーになれるプレゼントのことをこれからお伝えしていきたいと思います。

どんな時に贈るの?
どんなときにプレゼントを贈るのか、といえばさまざまな時に贈ります。
たとえば先に述べたように「お正月」「出会い記念日」「誕生日」「クリスマス」「バレンタインデー」「ホワイトデー」。また家族の記念日、お祝いなどもありますね。
七五三、還暦、喜寿、進級祝い、進入学祝い、卒業祝い、就職祝い、出産祝い、など・・・それぞれの内容に合わせて何を選んだらいいか?ということについては目的によって当然異なります。
何をどうやって選んだらいいかわからない・・・・・どうしたら、他の人と差をつけた彼女を感動させるプレゼント作戦ができるのだろう?と考えることもありますよね。
一般的に記念日やお祝いはその人と状況(内容)に合わせたものを贈ります。全く関係の無いものを送っても意味がありません。たとえば出産祝いに万年筆を贈ってもなんとなくおかしいですから、赤ちゃんに関係するものや、これから仕えるように商品券、ギフト券などを贈ると喜ばれるように・・・です。
万年筆や文具は進級祝いや入学祝、就職祝いなどですよね。目的ともらう人によって内容を考えていくのがプレゼントの基本です。恋人に対しても、意中の人に対しても基本は同じです。それに自分の心が加われば良いのです。