条件の%

更新日:2015.04.10.

条件の%理想の相手を見付ける為には、最低限の条件が必要です。
しかし、余り多くの条件を求めすぎることは、可能性を減らすことだということも覚えておいてください。

では一例として、「家事をする人」という条件を出した場合、その確率はどれくらいになるでしょうか? 大きく分けて家事が「出来る人」と「出来ない人」それから家事をやる気が「ある人」と「ない人」がいます。
さらに細分化すると 1・家事が出来て、やる気がある人
2・家事は出来るが、やる気がない人
3・家事は出来るが、やる気がない人
4・家事は出来ないが、やる気はある人
となります。
この中から「家事が出来て、やる気がある人」だけを抽出すると、25%ということになります。
冒頭で、出会いのうち半数は異性との出会いであると言いました。
要するに出会った人の中で、異性である確率は50%。
その中で「家事が出来て、やる気がある人」となると、全体の12%です。
さらに「顔が良い人」と条件を付けた場合、普通より良いという意味であれば50%ですから、さらに半分に減って、全体の6%。
20人の男性と知り合って、1人です。
条件を2つ出すだけで、確率がこんなに下がるのです。

ですが「家事をする人」の条件を、出来る出来ないにかかわらず「やる気がある」という意味にすれば、確率は2倍です。
ある程度の条件は必要ですが、せめて最低限「過度なギャンブルをしない人」や「家事をやる気がある人」というように範囲を広げ、確率を上げるのも大切ですね。