減点法より加点法

更新日:2015.04.08.

減点法より加点法「結婚したいけど、恋人が出来ない」という人は、もしかしたら理想が高いだけなのではないでしょうか? もちろん理想を持つことは良いことです。
理想を下げろとは言いませんが、少し考え方を変えて見てはどうでしょう。

理想の高い人は、減点法をする癖がある人が多いようです。
「年収は〇〇円以上でないとダメ」とか「時間を守れないとダメ」とか「〇〇でないとダメ」や「この人のここがダメ」と×を付けて行くのが、減点法です。

欠点のない人はいませんから、その減点法のやり方では、どんな人でもかならず×が一つはついてしまいます。
ですが、その「あれはダメ」「ここがダメ」と×を付けて行く減点法で人を見ていると、×しか見えなくなります。
当たり前ですよね、〇が一つもついていないのですから、×だけが目立つのです。
結果、他に素敵な部分が沢山ある人も、たった一つの×のせいで、恋人に昇格出来ずに終わってしまうのです。
これではせっかく良い出会いがあっても、恋人は出来ません。

理想を持つのは良い事ですが、「これはダメ」と減点法で見る癖がある人は、加点法で見るようにしてみましょう。
加点法というのは、「身長が〇〇㎝以上の人がイイ」とか「お金に堅実な人がイイ」というように「〇〇がイイ」「この人のここがイイ」と〇を付けて行く方法です。
欠点がない人がいないのと同じように、美点が一つもない人はいませんから、そのやり方なら誰でもかならず〇が一つはつくはずです。
×しか見えない減点法より、〇を見ることが出来る加点法で考えた方が、人の好い所が沢山見えてくるでしょう。