じつはもう出会っていた?

更新日:2015.02.11.

じつはもう出会っていた?友達からのステップアップ
すぐ近くに転がっている出会いには、例えば友達から恋愛へ発展するいうものもあります。
「くされ縁だから」「あり得ないから」と言いながらも、いつの間にか惹かれあっている。
むしろ惹かれあっているのに、友達という事実が邪魔をしていたのかもしれません。
出会いが早いと、それだけ友達の期間が長くて恋人という形になりづらいものです。
マンガにもなりそうな話で、憧れる女子も多いかもしれません。

実際、私の親友がこういうパターンだったのですが、私としては「とってもお似合いだし、付き合っちゃえばいいのにな。」と思っていました。
なので、そうなった時はとてもうれしかったし、なんかいいなぁ~、って思いました。

ただ彼女によると、もし自分の気持ちだけが大きくて相手に負担になったり、今までどおりの付き合いができなくなったりしたらどうしようという不安がつきまとっていたようです。
しかも当人たちだけじゃなく、周りにとってもやりづらい状況が生まれないか、というところまで考えていたようで。
なかなか複雑で、デリケートな部分もありますね。

安心感が大きい
ただしこの場合、うまくお互いの気持ちが通じ合ったなら安心感は大きいでしょう。
なぜなら、出会いから恋愛に繋がるまでの期間が長いので、もうお互いのことを知っているわけですから。
むしろ友達としての顔と恋人としての顔、一度で二度楽しめるという感じがあるかもしれません。

自分のいいところも悪いところも知っている相手となら、自分をさらけ出して付き合っていける気がしますよね。
その分、マンネリにもなりがちかもしれませんが、そこは2人の歴史があるわけですし、ちょっとやそっとじゃ壊れない関係ができているはず。
それに、新鮮味には欠けるように思えますが、 同じ相手でもやっぱり友達としての顔と恋人としての顔はまったく違うものでしょうから。
その違いにドキドキしそうですね。

周りのみんなも、祝福はもちろん、何かあった時でも助けてくれるでしょうから、心強いし安心感があると思います。