京都の恋愛のパワースポット

更新日:2015.01.27.

京都の恋愛のパワースポット京都は、観光地としても好きな人が多い場所ですよね。
2人の出会いを記念して、京都旅行に・・・なんていうカップルもいるのではないでしょうか。
どうせなら、その出会いをより素晴らしいものにするパワースポットを、是非訪れてみて下さい。

京都の恋愛パワースポット
■恋占いの石【地主神社】
縄文時代の守護石「恋占いの石」で恋の行方を占ってみませんか? 本殿前にある「恋占いの石」。
10メートルほど離れてある2つの守護石を、目を閉じて、一方の石から反対側の石まで無事にたどり着くと恋の願いが叶うといわれています。
一度でたどりつければ恋の成就も早く、人にアドバイスを受けながら辿り着いた時は人の助けを借りて恋が成就するそうです。
修学旅行シーズンなどには、チャレンジする方で列ができるほど人気です。

■首振り地蔵【清水寺】
お地蔵さんの首を好きな人がいる方向に向けて祈願!恋を叶えてくれるお地蔵さん。
清水寺の仁王門に向かって左側に建つ地蔵院善光寺の本堂前に置かれた、首が360度回るお地蔵さん。
願いの方向にこのお地蔵様の首を向けて祈念すると、願い事が叶うといわれています。
好きな人がいる人は、その人がいる方向へお地蔵さんの顔を向けてお祈りください。

■結社【貴船神社】
和泉式部の願いも叶えた、縁結びの神様に良縁祈願!「水占みくじ」も人気です。
平安歌人の和泉式部も冷めた夫の愛を取り戻そうと祈願に訪れたことでも有名な結社。
和泉式部の願いも叶えた、縁結びの神様・磐長姫命(いわながひめのみこと)が祀られています。
昔は境内のすすきや青葉をお社に結びつけて拝むと良縁が叶うといわれていましたが、現在は貴船神社本殿横に置いてあるすすきの絵を描いた青い「結び文」を購入し、結社にて良縁を祈願します。
また貴船神社には、境内にある霊泉に浮かべると文字が浮かび、恋の行方が占えるという「水占みくじ」もあり、人気を集めています。

■縁むすびの柳【六角堂】
故事にあやかって柳の枝におみくじを付けてお願いすれば、素敵な人が現れるかも? 六角堂に残る故事の一つ。
昔、嵯峨天皇が后を求めていたところ、ある日の夢枕で「六角堂の柳のもとに行くように」とのお告げを受けました。
嵯峨天皇がお告げどおりに行ってみると、そこに絶世の美女がおり、その方を后に迎えました。
この話から、「六角堂の柳に願をかけると良縁に恵まれる」という噂が広がり、いつの頃からかこの柳は「縁むすびの柳」と呼ばれるようになりました。
現在では、柳の枝2本におみくじを結びつけてお願いすると良縁に恵まれるといわれています。