セカンドメールのテクニック

更新日:2014.11.11.

セカンドメールのテクニックいいな!と思った相手にメールを送り、返信がもらえたら嬉しいですよね。
でもちょっと待って下さい。
ファーストメールに返信があったからと言って、まだメル友になったわけではありません。
嬉しさのあまり舞い上がって、せっかくファーストメールで築いた好印象を崩さないようにしましょう。
相手がタメ口で返信してきた場合以外は丁寧語でのメールがベター。
馴れ馴れしくしすぎないように注意して下さいね。

まず必ず入れたいのが「お礼の文章」です。
返信をもらえて嬉しいことを一言必ず入れましょう。

次にファーストメールで書ききれなかった共通の話題などを入れると良いと思います。
ただし、あまり「深く」書くのは控えましょう。
相手の趣味などがハッキリしない時点で自分のことを語りすぎてしまうと「引かれる」ことになります。
またシモネタもまだまだ厳禁です。

次に質問を一つ入れると、その質問に対する答えを送るため相手も返信が送りやすくなります。
質問をする時は、まず一つ自分の情報を開示すること。
「僕は○○に住んでいます。○○さんはどのあたりですか?」など自分のことをまず書いてから相手のことを聞くと相手も話しやすく好印象です。
イククルなど一部の出会い系サイトには日記機能があるので日記の内容に触れるのも良いと思います。

次に質問を一つ入れると、その質問に対する答えを送るため相手も返信が送りやすくなります。
質問をする時は、まず一つ自分の情報を開示すること。
「僕は○○に住んでいます。○○さんはどのあたりですか?」など自分のことをまず書いてから相手のことを聞くと相手も話しやすく好印象です。
イククルなど一部の出会い系サイトには日記機能があるので日記の内容に触れるのも良いと思います。